キャッシングサバイヴsince2015

審査甘い、審査緩い、審査・在籍確認なしの消費者金融・銀行があるのかどうか検証してみました。

じぶん銀行カードローンは審査なし、在籍確認なしなのでブラックでもお金を借りれる噂は本当なの?

 

当記事では、人気のカードローン、じぶん銀行カードローンの審査について解説します。

 

じぶん銀行カードローンは、auユーザー優遇でかなり低金利で使えるので、ぜひ審査に通って契約したい人も多いのではないでしょうか。

auの携帯電話や通信サービスを使っているというだけで、ここまで金利が低くなるのは正直とても羨ましいです。ドコモやソフトバンクでも、こんなお得な優遇金利があるカードローンってないんですかね。。。

 

じぶん銀行カードローンと人気のカードローン一覧

auユーザーなら低金利!じぶん銀行カードローン!!

jibunginkoucardloan-kinrihenko3-20161108

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.7~17.5% 1~800万円 最短即日 最短即日
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 - 借入可能 -
収入証明書
300万円以下の借り入れの場合は不要

じぶん銀行カードローンのメリット

・auユーザーなら、超優遇金利♪
通常コースの金利:2.2~17.5%
カードローンau限定割 誰でもコース:2.1~17.4%
カードローンau限定割 借り換えコース:1.7~12.5%

・返済額も1000円からなので返済も安心♪
・融資スピードも最短即日!
・提携ATM(セブン銀行、ローソン、Enet、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行)の手数料が無料!
つまり、全国のどこに住んでいる人もお得に使える♪
・正社員からアルバイトまで借りれる頼れるカードローン
・専業主婦も30万円までなら借りれる♪

↓じぶん銀行の公式ホームページはこちら↓

http://www.jibunbank.co.jp/

 

繰り返しになりますが、じぶん銀行カードローンは、auユーザーに非常に優遇されたカードローンです。

 

特に、↑でも説明したauの借り換えコースは、金利が1.7~12.5%になるので超お得です。
通常、これだけの低金利でお金を借りるなら、それ相応の厳しい審査を潜り抜けることが必要になります。
じぶん銀行カードローンは、ただ、auを使っているというだけで、これだけの低金利が適用されるのがうれしいですよね。

 

なので、auを使っているという人は、じぶん銀行カードローンを使ってみるのがおすすめです。

 

【じぶん銀行のカードローンの金利が割り引きされるauユーザーの条件】

〇auの携帯電話・スマートフォン
〇ケーブルプラス電話
〇Smart TVBox
〇J:COM PHONEプラス
〇auひかり
〇auひかりちゅら
〇au one netの以下のコース
・フレッツ光コース
・コミュファ光コース
・WiMAXコース

↑のどれかを利用しており、auのIDがあれば金利優遇が適用されます。

 

さて。

 

当サイトのこちらの記事を読んでいる方の中には、じぶん銀行の知名度に惹かれて調べてみてはみたものの、「なーんだ、私はauユーザーじゃないから、金利優遇がされそうにないな」とガッカリした人もいるかもしれません。

 

このような方は、メガバンクの銀行カードローンも、じぶん銀行カードローンと同等かそれ以上のスペックで使えるのでおすすめです。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はいかがでしょうか。

低金利と即日融資の三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

 

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.8~14.6% 10万円~500万円 最短30分 最短40分
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
100万円以下の借り入れの場合は不要

バンクイックのメリット

・銀行カードローンの中でもトップクラスの金利1.8~14.6%
・最低返済額1000円からなのでマイペースで楽々返済♪
・テレビ窓口利用で最短40分以内のカード発行!!
・画期的!土日・祝日も借りれる銀行カードローン!!
・三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ローソン、Enet銀行のATM手数料が無料!
30代~50代の収入が安定した正社員におすすめのカードローン!

↓三菱東京UFJ銀行の公式ホームページはこちら↓

http://www.bk.mufg.jp/

 

 

auユーザーでないので、じぶん銀行カードローンは低金利で使えない。
でも、低金利でお金を借りたい人は、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もおすすめです。

 

バンクイックは、金利が1.8~14.6%なので、銀行カードローントップクラスの低金利で使うことができます。

 

利用限度額借入利率
10万円以上100万円以下12.6~14.6%
100万円越200万円以下9.6~12.6%
200万円越300万円以下7.1~9.6%
300万円越400万円以下6.1~7.1%
400万円越500万円以下1.8~6.1%

 

↑の金利表を見ると分かると思うのですが、バンクイックは他社カードローンと比較すると、ダントツで下限金利が低いです。

 

バンクイックの金利の低さは、ちょっと類を見ない低さです。
通常、他のカードローンなら800万円~1000万円くらいまで借りないと、1%台の低金利にはなりません。

 

なので、沢山借りる予定がある人は、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用はかなりおすすめです。

 

沢山借りなかったとしても、バンクイックは、銀行カードローンの中では最速の融資スピードを誇っていますので、早く借りたいという人も申込みをしてみるのも良いでしょう。

 

バンクイックは、じぶん銀行カードローンと同じく、全国のどこからでも申込みが可能なので、もし、低金利で使い勝手が良いカードローンが利用したいという人はこちらの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

さて。ここまで、おすすめの銀行カードローンについて紹介しました。
しかしながら、上記のカードローンは、どこまでいっても銀行カードローンです。
銀行カードローンということは、金利が低い分、必然的に審査が厳しくなってしまう。

 

銀行カードローンは、アルバイトやパートなども借りれると貸付条件に定められていることがほとんどで、事実、じぶん銀行カードローンもバンクイックもそうです。

 

しかし、実際のターゲットとしている顧客層は、アルバイトよりも収入が多く安定している正社員の方の利用の方が向いています。

 

なので、審査に通る自信がなかったり、どうしても審査に通って早めにお金を借りる必要があったりする人は、消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスモビットがおすすめです。

 

消費者金融というと、何だか、安全なの?と眉を顰める人もいますが、実は、最近は消費者金融のカードローンも銀行カードローンに匹敵するくらいサービスが良いものも多いです。

 

むしろ、使い勝手という面では、銀行カードローンを凌ぐものが多いので、こちらも紹介しておきますね。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

 

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5~17.8%% 1~500万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
50万円以下の借り入れの場合は不要

プロミスのメリット

・初回限定30日間の無利息キャッシング!
・返済も月々1000円からなので安心♪
最短1時間の融資ができる!
・土日・祝日の即日融資もできる!
・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば平日の夜や土日の即日振込できる!
・20代~30代のアルバイト・会社員の方におすすめのカードローン♪

↓プロミスの公式ホームページはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/Pcmain

誰にも内緒で借りたいならモビット

 

金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短即日融資
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 有り 借入可能 有り
収入証明書
50万円以下の借り入れの場合は不要

モビットのメリット

WEB完結申込みなら会社と自宅に電話連絡なしで契約できる!→職場バレなし!
・WEB完結申込みならカードと契約書類が自宅に届かない!→家族バレなし!
・最短なら即日キャッシングが可能!
・2016年度、オリコン日本顧客満足度ランキングの「ノンバンクカードローン」部門で1位!
・申込みフォ―ムの入力項目が少ないので忙しい人も簡単に申込みできる♪
・アルバイトから正社員まで幅広く使えるカードローン♪

↓モビットの公式ホームページはこちら↓

http://www.mobit.ne.jp/

 

 

 

いかがでしたか。
プロミスやモビットは、銀行カードローンほど低金利ではありませんが、その分、融資スピードが早く、また、使い勝手が良いという特徴があります。

 

プロミスは、最短1時間の融資スピードと、初回なら30日間の無利息キャッシングが使えるのが魅力です。

 

一方、モビットは、WEB完結申込みならば会社への電話連絡なし、郵送物なし、なので誰にもバレずに借りることに特化しています。また、申込みフォームの入力項目が少ないので、初めて申込みをする人も、安心してサクサク入力していける手軽さがあります。

 

ただし、そのサクサク入力できる手軽さのためか、モビットは申込みフォームの打ち間違いが発生し、結果、確認のために審査に余計な時間がかかってしまうケースも報告されています。

 

どのカードローンの申込みにも共通して言えることですが、書類の入力のときは、正確な情報を丁寧に入力することを心掛けましょう。

 

さて。

 

じぶん銀行カードローンと、その他の人気のカードローンを紹介した上で、じぶん銀行カードローンの審査の詳細解説に入りたいと思います。

 

じぶん銀行カードローンは、人気のカードローンですので、どうしても審査に通過して契約したい人も多いはずです。

 

審査の項目について、公式ホームページには載っていない情報までリサーチしましたので、参考にして頂けたらと思います。

じぶん銀行カードローンの審査基準・難易度

 

じぶん銀行カードローンの審査基準は以下のようになっています。

 

【じぶん銀行カードローンの審査基準】

■契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の人
■安定継続した収入がある人
(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者も含む)
■保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人
※外国籍の人は永住許可を受けている場合に対象。

じぶん銀行カードローンの審査基準は、低金利の銀行カードローンにしてはそれほど厳しいものではありません。
じぶん銀行カードローンは、↑の3つの条件を満たせば、審査に通る可能性は十分にあります。

 

銀行カードローンの場合、学生や専業主婦、年金受給者は借りれないものもありますが、これらに該当する人も申込みができるのは、じぶん銀行カードローンの頼りになるポイントです。

 

また、じぶん銀行の保証会社はアコムなので、銀行や信販会社が保証会社を務めるカードローンよりも『融資に積極的だ』と捉えることもできるかと思います。

 

じぶん銀行と同様、上で紹介した三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も保証会社はアコムです。

 

なので、この2つの銀行カードローンは、他行と比較しても融資に積極的な頼りになるカードローンだと考えて間違いないでしょう。

じぶん銀行カードローンは審査なし、在籍確認不要で契約できる?

 

じぶん銀行カードローンはインターネット銀行のカードローンのため、低金利で利用することができる銀行です。

 

そのため、じぶん銀行カードローンを利用したいという方も多くいますが、審査が不安という人も多いですよね。

 

どうしても、審査に通過したいあまりにも、むしろ、審査なしで契約できないのか、と調べている人の気持ち……私もなんとなく分かります。

 

私自身も、カードローン審査の結果が出るのを待つ間って、そわそわして落ち着かないし、精神的にストレスを感じましたから。

 

だからこそ、じぶん銀行カードローンは審査なし、在籍確認不要といった口コミや、記事があると閲覧してみたくなるのかもしれないですね。

 

ですが、じぶん銀行カードローンも審査や在籍確認を必ず行う銀行ですので、そういった口コミは信用しないでください。

 

じぶん銀行カードローンだけでなく、どの銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも、審査と在籍確認は絶対に行います。

 

もし、審査なし、在籍確認なし、と広告で謳っているカードローンがありましたら、それは要注意です。

要注意どころか、悪質なキャッシング業者の可能性があるので、くれぐれも近づかないようにしましょう。

 

審査や在籍確認に対して不安を持つのはわかりますが、それでも審査なし・在籍確認なしで利用できるようなキャッシング会社はありません。

 

もし、カードローンでお金を借りたいのであれば、審査は避けて通れない道のりなのだ、と受け入れてしまった方が良いです。

 

通常、カードローンの審査は、安定した収入のある方であれば、合格できる可能性があります。
なので、現時点で、正社員であろうとアルバイトであろうと自営業であろうと、安定してお金を稼いでいる人であれば、審査を受けるにあたって必要以上に心配することはないですよ。

 

ただし、銀行カードローンと消費者金融のカードローンとでは、どうしても、審査難易度は銀行の方が厳しい傾向にあります。
少しでもお金を借りれる可能性を上げたいのであれば、まずは消費者金融に申込みをした方が良いでしょう。

じぶん銀行カードローンは延滞ブラックや申込みブラックでは審査に通らないの?

女性(37)

次は、じぶん銀行カードローンとブラックとの関係について語ります。

 

皆さんは、返済の延滞を繰り返しているとブラックリストに載る、なんて話を聞いたことはないでしょうか。

 

信用情報機関とブラックリスト。

 

厳密に言うと、ブラックリストという名称ではないのですが、キャッシング会社は、利用者の借入状況や返済状況を信用情報機関を通して取得することができます。

 

そのため、じぶん銀行も、カードローン申込みをした顧客が、過去に延滞の履歴などがあった場合、審査に通過することができなくなります。

 

たとえば、延滞を繰り返した人物のことは、俗に「延滞ブラック」と呼ばれています。

一方、「申込みブラック」というのは、同時期に複数のキャッシング会社に申し込みを繰り返した人を指してます。

 

信用情報機関に延滞ブラックや申込みブラックとして登録されてしまうと、ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなり、カードローンも例外ではありません。

 

延滞をすると、自分の信用情報が傷がつき、良いことはないので、なるべく毎月の返済はきちんとするのが良いでしょう。

 

ちなみに、信用情報機関には、CIC、JICC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあり、金融機関は必ずいくつか加盟しています。

 

CIC、JICC、全銀協が、延滞や多重申し込みの情報をどれくらいの期間、残しておくかも表にまとめておいたので、こちらも参考にしてみてください。

 

信用情報機関╲登録期間申込み情報延滞情報
CIC(株式会社シー・アイ・シー)6ヶ月以内5年以内
JICC(株式会社日本信用情報機構)6ヶ月以内1年以内
全銀協(全国銀行個人信用情報センター)6ヶ月以内5年以内

 

上の表のように、顧客の申込み情報は6か月、延滞の情報は5年を超えない期間で登録されます。

 

JICCだけは、延滞情報が1年を超えない期間なので、登録期間が短いのですが、通常、金融機関は複数の信用情報機関に加盟しているものなので、5年間は顧客の延滞情報を参照すると考えて良いでしょう。

 

なので、申込みブラックになった人は半年ほど、延滞ブラックになった人は5年ほどは、ローンを組んだり、クレジットカードをつくったりすることが難しくなります。

 

くれぐれも多重申し込みや長期の延滞はしないようにしてくださいね。

 

でも、どうして多重申し込みになると、ローン審査が通りにくくなるんでしょうか。

 

それは、一言で言えば、多重申し込みをしている人は、お金に切羽詰っている印象を受けるからです。

 

皆様も、たくさんの人に「お金を貸してくれないか」と無心してくる人物にお金を貸したい、とは思いませんよね。

当然、キャッシング会社も、そういった複数社に借入を申し込んでいる人物に対してお金を貸したいとは考えません。

 

そのため、じぶん銀行も、じぶん銀行のカードローン以外に複数社にカードローンの同時申し込みをしている人に対する審査は慎重になります。

 

それは、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』であっても、消費者金融SMBCコンシューマーファイナンスやモビットであろうと同じことです。

 

一般的に、キャッシング会社は、ブラックと呼ばれる人に貸し出しをおこなっていません。くれぐれもブラックにならないように注意してくださいね。

 

ただし、ブラックになったからと言って、絶対に審査に通らない、というわけではありません。

 

ブラックは審査に通りにくい、とはいえ、それはあくまで審査基準の一つに過ぎません。
ブラックだったとしても、他の属性情報(年収や勤続年数、持ち家の有無など)が良好であれば、審査に通る可能性はあるので、そう悲観的になることはないかと思います。

じぶん銀行カードローンは無職の専業主婦(主夫)やニート、生活保護や高齢者・障害者のような年金受給者でもお金を貸してもらえる?

女性(46)

 

じぶん銀行カードローンは、様々な人に開かれたカードローンです。

じぶん銀行カードローンの審査基準によれば、こちらのカードローンは、

・自営業者(個人事業主)
・アルバイト学生
・パート
・年金受給者
・専業主婦

↑に該当する人たちも借りることができます。

 

したがって、じぶん銀行カードローンは、無職であっても、専業主婦(主夫)で、配偶者が安定した収入があれば、契約することができるでしょう。

 

さすがに、配偶者がなく、無職やニートだったり、生活保護を受けたりしている場合は、審査に通過するのは難しそうですが。。。

 

しかしながら、高齢者や障碍者のような年金を受給している人であっても、満20歳以上満70歳未満であり、年金以外に安定した収入があれば、お金を借りることは可能です。

 

消費者金融についても、消費者金融は総量規制の対象なので、専業主婦の借り入れはできませんが、自営業者が審査に通過する可能性は十分にあります。

 

ここで、申込み者の状態別でもう少し詳しく解説してみますね。

1、無職・ニートの方

無職やニートといった属性ですと、大半の方は現時点で収入が無いのだと思われます。

 

消費者金融の場合は、自身に収入がある人でないとお金を借りることはできません。

 

なので、自分で審査に通過したいという人は、いきなり正社員は無理でもアルバイト・パート・派遣といった仕事でしたら無理なく始めることができるでしょう。

まずはそういった仕事をして、収入を安定させるのもいいかと思います。

2、専業主婦(主夫)の方

無職やニートだった場合でも、専業主婦(主夫)ならば配偶者に安定収入があれば、銀行カードローンが契約できる可能性があります。

 

たとえば、じぶん銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』なら、専業主婦(主夫)でもお金を借りることができるしょう。

 

ちなみに、どちらのカードローンも、専業主婦であっても30万円までなら借りることが可能です。

 

しかも、契約する際に、配偶者の会社に電話連絡はいかないし、配偶者の同意書も必要ありません。
なので、お金が必要だけれど少し借りるだけだから、家族に余計な心配をかけたくない人にも、じぶん銀行カードローンやバンクイックは心強い味方となってくれるでしょう。

3、生活保護を受給している方

さて。

 

生活保護費は、キャッシングの返済に充ててはならないことになっています。
そのため、生活保護を受給しているだけでは返済能力がないと判断され、審査に落ちてしまいます。

 

なので、生活保護を受けている人がお金を借りるには、生活保護費以外にアルバイトなどでお金を稼ぐ必要があります。しかし、生活保護を受けていること自体、返済能力がないということの証明でもありますから、審査に通ることは難しいと考えた方が良いかもしれませんね。

 

4、高齢者年金・障害者年金を受給している方

高齢者年金や障害者年金だけだと、審査に通過できない可能性が高いです。

基本的には生活保護受給者と同じく、アルバイトなどの副収入が必要になります。

 

なお、じぶん銀行カードローンは、20歳以上70歳未満という年齢制限もありますので、高齢者の方は年齢制限には注意しましょう。

 

全ての属性の方に共通して言えるのは「安定した収入」というじぶん銀行カードローンの利用条件を満たすことで審査に通過できる可能性が高まるということです。

ギャンブル中毒者や多重債務者、破産者でも100%確実に必ず絶対借りれる消費者金融や銀行のカードローンはあるの?

こちらでは、さらに審査に自信が持てないと思われる、ギャンブル中毒者・多重債務者・破産者の方向けのカードローン利用指南をしたいと思います。

1、ギャンブル中毒者の方

ギャンブル中毒者の方も、お金に困っていてキャッシングを利用したいと検討しているかと思われます。

 

しかしながら、キャッシング会社としては貸したお金の使い道を原則自由にしているものの、ギャンブルに利用してほしくないのです。

そのため、ギャンブル中毒という方はキャッシングを利用することができないことが多いです。

 

ですが、キャッシングの延滞などがまだないのでしたら、ギャンブルをやめれば審査に通過できる可能性も出てきます。というよりは、ギャンブルのような不健全なお金の使い道でなければ、お金を借りれる可能性は十分にあるのです。

 

なので、まずは、ギャンブルを控えることから始めてみてはいかがでしょうか。

2、多重債務者の方

基本的に、多重債務をしていると審査に通過しにくくなってしまうのは事実です。

ですが、これについては、お金を既に他社から借りている人が、効率よく返済を行うためのおまとめローンという金融商品もあります。

 

銀行カードローンの場合、使い道自由なので、おまとめ・借り換えローンとして利用にはうってつけです。

なので、一概に多重債務を抱えている人が、カードローン審査に通らない、ということはありません。

 

基本的に、銀行カードローンの審査に通過するためには、他社からの借り入れ件数は3件までとされていますが、借り入れ件数が3件以下であり、それまでの返済も長期延滞していない状態であれば、審査に通る可能性も高いでしょう。

 

じぶん銀行カードローンやバンクイックで、他社からの借り入れをおまとめ一本化できれば、月々の返済額は減らせますし、総返済額も大幅にカットすることが可能です。

 

銀行カードローンでのおまとめ・借り換えは、消費者金融の高い金利の返済をしている人がより効率的に返済・運用するために効果的ですよ。

3、破産者の方

残念ながら、自己破産をしていますと返済能力がないと判断されるため、最低でも7年~10年はキャッシングサービスを利用することはできません。

7年~10年経てば、信用情報機関の金融事故記録も消え、審査に通過できる見込みも出てきます。

 

ただし、金融事故を起こしていることが、100%お金を借りれない、ということではありません。

確かに、金融事故を起こしていることで、ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなることは事実です。

 

ですが、それはあくまで審査基準の一つなので、それ以外の属性情報が良好であれば、カードローン契約ができる可能性はあります。

 

 

 

さて。

 

最後になりますが、『100%絶対に借りれるカードローンはあるのか』という質問に答えたいと思います。

 

結論から言います。

 

ギャンブル中毒者・多重債務者・破産者の方に注意していただきたいのは「100%借入ができる」カードローンはない、ということです。

 

 

キャッシング審査に通過しにくい属性の方に対して「100%借入ができる」と声をかけてくるのはほとんどの場合、悪徳金融会社です。

 

そういった会社でお金を借りるとトラブルに巻き込まれたりする恐れがありますので、ご注意ください。

 

悪徳金融会社=闇金融に関わると、自分だけでなく、周囲の人々の人生さえも滅茶苦茶に壊してしまう恐れがあります!!

 

じぶん銀行カードローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る