キャッシングサバイヴsince2015

審査甘い、審査緩い、審査・在籍確認なしの消費者金融・銀行があるのかどうか検証してみました。

三井住友銀行カードローンの増額(増枠)の仕方が分からない方へ方法を説明します!増額時間や審査基準などを知りたい方はこちら!

 

三井住友銀行カードローンは即日で増額(増枠)して追加融資することはできますか?

三井住友銀行カードローンはメガバンクのカードローンですので金利が低くお得に利用していくことが可能です。

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%〜14.5%と消費者金融に比べかなり低いので返済額がお得になります。

契約限度額も800万円とかなり高額な設定となっておりますので、高額キャッシングをしていくことに適している銀行です。

しかしながら、もちろん申し込んだ直後から800万円も貸してくれるわけではなく、初期のキャッシング枠は少額になります。

そのため、三井住友銀行カードローンでより高額なキャッシングを利用していくためには、キャッシング枠を増額(増枠)させていく必要があります。

しかしながら、増額(増枠)審査というのは時間をかけて慎重に行うことが多いため、三井住友銀行カードローンで即日増額(増枠)は無理です。

そのため、追加融資を即日で行いたいのでしたら、三井住友銀行カードローンで増額(増枠)する以外の方法を利用しましょう。

消費者金融アコムは即日キャッシングがしやすい会社として人気がある会社となっております。

それもそのはず、アコムはインターネットで申し込みますと最短1時間でキャッシングが利用可能になります。

さらに、複数社の申し込みを禁止しているわけではないので、すでに三井住友銀行カードローンをご利用中の方も新たに申し込むことができます。

すでに三井住友銀行カードローンで借り入れている方も、返済などをきちんと行っていれば審査は最短30分で完了します。

審査がスムーズに完了すれば、より最短時間(1時間)で借りることが可能になってくるでしょう。

三井住友銀行カードローンで増額(増枠)するよりも早く追加融資が可能ですので、ぜひアコムに新規申し込みしましょう。

アコム

SMBCコンシューマーファイナンスのキャッシングサービスであるプロミスも、アコムと同じくスピード性に優れているキャッシングサービスです。

プロミスもインターネットで申し込むことで最短1時間でキャッシング利用が可能になりますので、追加融資のキャッシング枠をすぐに準備できます。

プロミスも複数社の利用を特に禁じていませんので、三井住友銀行カードローンを利用しつつ併用して利用していくことが可能です。

アコムもプロミスも新規申込者に対して、30日間の無利息キャッシングサービスを提供しているという点も見逃せません。

三井住友銀行カードローンの方が金利は低いかもしれませんが、金利関連のサービスがあるため、アコム・プロミスもお得に利用できるでしょう。

ぜひ三井住友銀行カードローンをすでにご利用中の方は、アコムとプロミスで追加融資の枠をお申し込みください。

アコム

プロミス

imasia_10933589_XL

三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査の基準が甘いか厳しいか教えてください!

三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査の時間が長引く理由としては、審査基準がかなり厳しいということが挙げられます。

三井住友銀行としても、皆様に対してより高額なキャッシング枠を設定するのですから、審査基準を厳しくして、利用者が返済をきちんとしてくれるか見定めなければなりません。

そのため、三井住友銀行カードローンの審査基準が甘いということはありえませんので、ご注意ください。

その点、アコムに新規申し込みをして初回審査を受けるのでしたら、審査は甘くはないものの、利用条件を満たせばスムーズに通過できます。

アコムは初回審査の際には皆様がきちんとアコムの設定する利用条件を満たせているかという点について確認しています。

そのため、アコムの利用条件をしっかり満たせているかという点を気にしながら、しっかりと対策をとりましょう。

アコムの初回審査では、利用条件である「安定した収入」があるかという点が最重要ポイントとなります。

アルバイトやパート、派遣の仕事でもいいので、とにかく安定した収入を得ていなければ審査に通過することはかないません。

ただ、アコムが求めているのはあくまで「安定性」ですので、収入額が低くても、それ相応のキャッシング枠でしたら審査に通過できる可能性は十分見込めます。

アコムの審査は甘い訳ではなく、利用条件が満たされていないと判断されれば審査落ちしてしまう厳しいものです。

ですが、利用条件である「安定した収入」はアルバイトやパート、派遣といった仕事でも十分満たせます。

そういった意味では、アコムの審査に通過できる可能性は十分見込めますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

アコム

なお、現時点ですでに三井住友銀行カードローンなど他の会社を利用している状態でアコムに申し込むという方は、もう一つ重要なポイントがあります。

それは他の会社での「返済実績」となります。

アコム以外の会社で返済の延滞を重ねている人が、アコムにきちんと返済してくれる保証はどこにもありません。

むしろ、アコムから借りたお金の返済も延滞する危険性が高いと言えるでしょう。

そのため、アコム以外の会社で返済の延滞を繰り返していれば審査落ちしてしまう危険性は高くなります。

三井住友銀行カードローンを利用しておきながら、アコムに対して追加融資を申し込むというのでしたら、返済実績は良好に保っておきましょう。

返済実績が良好でしたらすでに三井住友銀行カードローンを利用していても審査がスムーズに完了しますので、良好さを保ちましょう。

アコム

imasia_10933597_XL

三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査はどれくらい時間がかかりますか?

先ほども説明しましたように、三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査の基準は厳しいです。

そのため、増額(増枠)審査にかかる時間も長くなりがちですので、増額(増枠)ができるまでには3日〜7日程度の時間がかかります。

また、キャッシング枠の増額(増枠)審査の基準は厳しいので、下手をすると審査落ちということもありえるのです。

こうなりますと、追加融資をお急ぎの方たちにとっては長い審査時間がネックとなってくるでしょう。

追加キャッシングをお急ぎというのでしたら、三井住友銀行カードローン以外の銀行を利用しましょう。

先ほどから紹介している消費者金融アコムでしたら、利用条件を満たしていれば新規申込みの方の利用を認めてくれます。

利用条件が満たされていれば審査時間も短くなり、最短1時間で追加融資が可能になってきます。

とにかくキャッシングを急いでいるというのでしたら、アコムに新規申し込みをして即日で追加融資をしましょう。

アコム

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスもアコムに匹敵するスピード性を持っています。

そのため、安定した収入という利用条件を満たせていれば、やはり最短1時間でキャッシング利用が可能になります。

それだけではなく、プロミスは会員サービスとして極度額の増額を即日で行ってくれますので、増額(増枠)審査時間も早いのです。

即日で増額(増枠)できれば、他社に申し込まずとも即日で追加融資を実行することができます。

このように、増額(増枠)向けのサービスもありますので、ぜひプロミスのご利用もご検討ください。

プロミス

imasia_10957952_XL

三井住友銀行カードローンは休日に増額(増枠)していくことは可能ですか?

先ほどから説明していますように、三井住友銀行カードローンの増額(増枠)審査は時間をかけて慎重に行われます。

申請自体は休日に行うことも可能かもしれませんが、増額(増枠)審査には時間がかかりますので休日中に追加融資をしてもらうのは不可能でしょう。

休日中に増額(増枠)するのではなく、休日でも即日キャッシングをしてくれる会社に追加融資を申し込むのがオススメです。

消費者金融アコムでしたら、土日・祝日といった休日でも即日キャッシングを申し込んで利用することが可能となっています。

アコムのインターネット申し込みは平日と同じく土日・祝日といった休日でも受付をしています。

必要書類などを提出すれば、平日と同じく休日でも審査が開始されます。

審査に通過できれば平日と全く同じように即日キャッシングが可能になりますので、休日でも即日で追加融資の枠を確保できるのです。

休日に突然お金が必要になったけれど三井住友銀行カードローンで借りられないというときは、ぜひアコムにお申し込みください。

アコム

imasia_10961429_XL

三井住友銀行カードローンで増額(増枠)しておまとめするのはお得ですか?

三井住友銀行カードローンは低金利で高額キャッシングに適している銀行ですので、おまとめローンを利用する上で便利な銀行です。

複数のキャッシング会社から借りている借入額を三井住友銀行カードローンで一本化することで金利の負担を軽減できるのです。

また、複数日に分かれていたキャッシングスケジュールを1日にまとめることで、スケジュール管理をしやすくできます。

以上のことから、三井住友銀行カードローンで増額(増枠)して複数の借入をまとめるという利用方法は便利です。

同じく、低金利で利用できる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もおまとめ先としてオススメです。

三井住友銀行と並ぶメガバンクである三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは年4.6%〜14.6%と低い金利設定となっております。

そのため、複数社のキャッシングをバンクイックでおまとめすることで、三井住友銀行カードローンと同じく金利負担を軽減できます。

そして、複数に分かれていた返済日もまとまりますので、バンクイックへの返済に集中することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は提携ATMでの手数料が無料となりますので、返済手数料もきにする必要がありません。

キャッシングのおまとめの利用をご検討している方の大半はキャッシングの完済を目指していると思われますので、返済手数料がかからなくなるのは魅力的です。

以上で説明しましたように、三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はおまとめ先としてオススメです。

特にATM手数料を気にしなくてもいい三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はオススメですので、ぜひご利用をご検討ください。

バンクイック

imasia_10957300_XL

三井住友銀行カードローンで増額(増枠)しても総量規制の影響は受けない?

三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は銀行カードローンなので総量規制の影響を受けない点にも注目です。

消費者金融ですと年収の三分の一以上の借入が認められないため、増額(増枠)の際にも年収額を気にしなければなりませんでした。

その点三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら年収額に関係なく増額(増枠)していけます。

この総量規制の影響を受けないという点で、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』では条件を満たせば専業主婦借入可能となります。

通常、総量規制の影響で消費者金融では自身に収入がない専業主婦(主夫)の方は利用できません。

一方、総量規制の影響を受けない三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら、配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)でも利用できるのです。

このように、総量規制の影響を受けないために生じるメリットもありますので、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のご利用もご検討ください。

バンクイック

imasia_10952071_XL

三井住友銀行カードローンの返済を延滞すると増額(増枠)審査に通過できない?

上記でも似たような説明をしましたが、三井住友銀行カードローンへの返済を怠るとどの会社の審査にも通過できなくなってしまいます。

この場合、審査とは初回審査・増額(増枠)審査どちらにも当てはまります、つまり延滞をするとすべての審査において不利になるのです。

特に増額(増枠)審査は信用度が特に重要となりますので、審査に通過できない可能性がかなり高まってしまいます。

上記で紹介してきたアコム、プロミス、バンクイックはいずれの会社も返済がしやすくなっています。

アコム・プロミスはいずれもインターネット返済サービスが充実していますし、バンクイックは提携ATMでの返済が手数料無料です。

返済の延滞をせずに、返済実績を良好にしておけば、様々な場面でアドバンテージが取れます。

増額(増枠)を見込んでいるのでしたら、ぜひアコム、プロミス、バンクイックのご利用をご検討ください。

アコム

プロミス

バンクイック

imasia_10933597_XL

 

三井住友銀行カードローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る