楽天銀行カードローン(スーパーローン)はブラックでも審査なしだから借りれるという2ch(2ちゃんねる)の口コミは本当でしょうか?

キャッシングサバイヴsince2015

審査甘い、審査緩い、審査・在籍確認なしの消費者金融・銀行があるのかどうか検証してみました。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)はブラックでも審査なしだから借りれるという2ch(2ちゃんねる)の口コミは本当でしょうか?

 

楽天銀行カードローン(スーパーローン)はブラックでも審査なしで借りれる?

楽天銀行カードローン(スーパーローン)は大手銀行の楽天銀行のカードローンで、知名度が高く人気もある銀行カードローンです。

金利に関しても銀行カードローンらしく年4.9%〜14.5%と低くなっているため、注目を集めています。

しかしながら、審査なしで借りることができるというのは、大きな間違いです。

人気な銀行カードローンとなりますと、いい加減な口コミも目立つのですが、審査なしで借りれるなんていう口コミもみられますが、信用しないようにしましょう。

ブラックの方であろうと、どんな方であろうと、楽天銀行カードローン(スーパーローン)に申し込めば審査が行われますので、しっかりと対策をとりましょう。

さて、ブラックというと複数申し込みをした「申し込みブラック」、延滞などを繰り返した延滞ブラック、自己破産などを行った債務整理ブラックといったタイプに分かれます。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の厳しい審査基準に照らし合せますと、いずれの方も審査落ちしてしまいかねません。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)を審査なしで借りる方法はありませんので、他のローンサービスに申し込むことをオススメします。

SMBCコンシューマファイナンスのプロミスでしたら「安定した収入があって返済能力がある」という利用条件がみたせていれば審査に通過できる可能性はあります。

プロミス

楽天銀行カードローン(スーパーローン)より幅広い属性の方が利用しているのがプロミスなのです。

しかしながら、プロミスの審査でもブラックの方ですと安定した収入があっても「返済能力」がないと判断されてしまいます。

そのため、ブラックという情報履歴が信用情報機関から消えるまで申し込みは控えましょう。

返済の延滞を繰り返したり、複数社に連続で申し込んだり、債務整理をした方は「ブラック」と呼ばれ、一生ローンサービスが利用できないというイメージがあるかと思われます。

ですが、実は「ブラック」という情報履歴は一定期間たちますと消えるので、消えた後でしたら特に問題はないのです。

それぞれのブラックの特徴と、情報履歴が残る期間について、下記でまとめますので、心当たりのある方はぜひご参考にしてください。

◯申込みブラック

申込みブラックというのは、短期間の間に複数のローン会社に申し込んだ人のことを指します。

あまりにいきなり連続で申込みがあるとローン会社としては違法な行為を働く人物の工作だと疑ったりするのです。

また、そんなに一度に複数社に申し込むということは相当お金に困っていることを表していますので、ローン会社としても返済能力が無いと判断します。

そういった理由があり、一度に複数社に申し込んだという情報は信用情報機関に履歴として残ってしまいます。

ですが、この情報は6ヶ月程度経てば消えますので、比較的早めに履歴がなくなります。

申込みブラックの情報履歴が消えていれば、アルバイトなどで収入があればプロミスの審査に通過できる見込みが出てくるのです。

プロミスは最短30分で審査結果を出しますので、審査結果はすぐにわかります。

また、安定した収入が確保できていればそれだけ早く審査結果が出ますので、審査結果が出るまでは他社に申し込むのを控えましょう。

◯延滞ブラック

延滞ブラックとは、ローンの返済の延滞を繰り返した人のことを指します。

ローン会社は利用者の返済能力を審査で確かめていますが、この返済能力が無いと判断されると審査に通過できなくなります。

返済能力というのは安定した収入はもちろんですが、過去の返済の実績なども参考にされているのです。

あまりに何度も返済を延滞していると返済能力が無いと判断されてしまいかねません。

また、この延滞ブラックの履歴は5年間残ってしまいますので、一度ブラック認定されてしまうと大変です。

プロミスは返済もインターネットの簡単な操作でスムーズに行えますし、最低返済額も2,000円〜と低くなっています。

そのため、返済が行いやすく、ブラックになりにくいので初めてキャッシングする方にオススメです。

また、一度延滞ブラックに認定されてしまった方も、5年経てばその履歴は消えますので、その段階で申し込んでみてはいかがでしょうか。

◯債務整理ブラック

債務整理とは借金が返済できなくなった時、無理なく返済できる金額まで減額したりする整理方法のことです。

つまり、債務整理をしたということは、返済能力が限界を迎えてしまったことを表します。

そのため、この債務整理に関する情報も信用情報機関に履歴として残ってしまうのです。

ですが、この債務整理の情報履歴に関しても5年経てば消えることになっております。

そのため、一生ローンが利用できなくなるというわけではないので、その点はご安心ください。

債務整理に関する情報履歴が消えた段階で、再度プロミスへの申し込みをご検討ください。

プロミス

以上で説明しましたように、ブラックという情報は何も一生残っているわけではありません。

過去にブラックと認定されてしまったとしても、一定期間経てばその情報は消えるのです。

そのため、過去にブラックという理由で審査に落ちてしまったとしても、時間が経っていれば審査に通過する見込みがあります。

プロミスはブラック情報が消えていて、安定した収入を確保していれば審査に通過することが可能です。

上記の説明を読んで、自分のブラック情報が消えていると判断した方は、ぜひプロミスに申し込みを検討してみてください。

なお、ローン会社に申し込む前に不安になって、自分が審査に通過できないと思い込んでしまう方もいらっしゃいます。

そういった方の中には過去に一度返済を延滞してしまったから自分はブラックなんだと勘違いしていることもありますが、実はブラックになってなかったなんてこともあるのです。

悪質な延滞はブラック認定されてしまいますが、うっかりミスを一度しただけで即座にブラック認定されるようなことはありません。

申し込んでみたら実はブラックじゃなかったなんてこともありますので、もう一度自分が本当にブラックなのかという点から考え直してみましょう。

プロミス

imasia_10933589_XL

楽天銀行カードローンは審査あり!でも、在籍確認はなしにできますか?

楽天銀行カードローンでは審査があるということは冒頭で説明した通りですが、在籍確認をなしにすることくらいでしたら可能なのでしょうか?

結論から述べますが、楽天銀行カードローンの審査では必ず在籍確認が行われますので、在籍確認なしで利用することは不可能です。

楽天銀行カードローンの在籍確認が不安という方は他のローンサービスへのお申し込みをご検討ください。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでも審査の際に在籍確認は必ず行われます。

というより、在籍確認なしで利用できるローンサービスはないので、在籍確認は必ず行われるとお考えください。

ですが、プロミスの在籍確認でしたら、勤務先の人々にバレずにローンがご利用いただけますので、その点についてはご安心ください。

プロミス

多くの方が在籍確認に対して不安を感じているのは、会社に電話連絡をされて、ローン利用がばれてしまうためかと思われます。

プロミスも基本的に審査の在籍確認を電話連絡で行っていますが、その電話連絡でプロミスの名前を一切口外しません。

担当者の個人名のみが使われ、業務連絡のような電話連絡で在籍確認を行ってくれますので、プロミスの利用に気付かれることがないのです。

また、事前に電話連絡を避けたい事情について説明し、その事情が認められた場合に限り、書類確認によって在籍確認を行ってくれることもあります。

書類確認で行ってもらえればより安心して申し込めると思われますので、ぜひプロミスへの申し込みもご検討ください。

プロミス

ローン審査の在籍確認に不安を感じる方には、消費者金融モビットへのお申し込みもオススメです。

モビットは審査の在籍確認を、申込者が提出する書類を基に行っているため、会社の人々に知られることなく申し込めます。

審査以外の過程でもモビットは一切電話連絡などを行わないため、キャッシング利用に関するプライバシー保護に優れているのです。

モビットでしたら在籍確認で特に不安を感じることもないので、ぜひお申し込みをご検討ください。

モビット

imasia_10933597_XL

楽天銀行カードローンは無職の専業主婦(主夫)や生活保護者、年金受給者も確実に借りることは可能ですか?

楽天銀行カードローンは銀行カードローンのため、無職や専業主婦(主夫)、生活保護受給者、年金受給者の方は中々審査に通過できません。

特に、年齢制限の上限が62歳となりますので、年金受給者の方は利用が不可能です。

他の属性に関しても審査に通過できる可能性が低いので、審査に自信が持てない方は他の会社をご利用ください。

プロミスは利用条件が満たされていれば、幅広い属性の方が利用できるローンサービスとなります。

プロミス

プロミスは「20歳以上69歳以下で、安定した収入がある」という点が利用条件となります。

条件である「安定した収入」ですが、これは生活保護や年金などの収入ではこの条件を満たすことはできません。

ですが、アルバイトやパートといった仕事をした収入でしたら安定した収入と認められます。

つまり、無職、専業主婦(主夫)、生活保護受給者、年金受給者の方もアルバイト・パート・派遣といった仕事を始めて収入が安定していれば審査に通過可能です。

収入の金額が少なくても安定性が保たれていれば少額のキャッシング枠の審査でしたら通過する可能性はあります。

まずは無理のない範囲で構いませんのでアルバイトなどの仕事を始めて収入を得ていきましょう。

プロミス

imasia_10933449_XL

楽天銀行カードローンの審査基準は甘い、緩いということはなく安定収入が必要です

楽天銀行カードローンは先ほどから説明していますように、審査基準はかなり厳しく、甘い・緩いということはありません。

とはいえ、外国人や障害年金受給者、水商売(風俗嬢、キャバクラ嬢、ホスト)の借入を制限しているというわけではないので、安定した収入が示せれば審査に通過する可能性はあります。

ただ、審査基準が厳しいため、正社員以外の方が基準を満たすことは中々難しいです。

高齢者の方の場合は、先ほども説明しましたように楽天銀行カードローンの年齢制限の上限は62歳と厳しい設定となっており、申し込めないことが多くなります。

また、パチンコ・スロット・競馬・競輪・ボート(競艇)といったギャンブルで収益をたてている方の利用は認められません。

こうしたギャンブルによる収入は安定した収益とは認められませんので、楽天銀行カードローンの審査に通過できないのです。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの審査が楽天銀行カードローンより甘いというわけではありませんが、より幅広い属性の方を受け入れているのは事実です。

プロミス

プロミスは1万円からの借り入れが可能で、少額のキャッシング枠でしたら審査基準も金額に伴い低くなるため、基準を満たしやすくなります。

外国人(永住権がある方)や障害年金受給者(アルバイト収入があること)、水商売(風俗嬢、キャバクラ嬢、ホスト)、高齢者(69歳以下)の方はプロミスに申し込んだ方がよろしいかもしれません。

ただ、プロミスでもギャンブル収入だけでは審査に通過できませんので、アルバイトなどで安定した収入を確保することをお勧めします。

プロミス

imasia_10957236_XL

楽天銀行カードローンは2社目、3社目、4社目の借り入れ先として利用することは可能でしょうか?

審査基準が厳しい楽天銀行カードローンを2社目、3社目、4社目の借り入れ先と指定しても、審査に中々通過できません。

他社を利用していると基本的には審査では不利になりますので、楽天銀行カードローンの審査にも通過できない恐れがあります。

すでに他の借り入れがある方は他のサービスへの申し込みをする方がよろしいでしょう。

プロミスは特に複数借り入れを禁止していませんので、2社目、3社目、4社目と申し込んでも問題はありません。

プロミスは最短1時間で借入が可能となる会社ですので、追加融資の申込み先として選ばれることが多くなっています。

とはいえ、他の会社で返済の延滞などがあれば、審査に通過することは難しくなるでしょう。

延滞が無ければ2社目、3社目、4社目の申込み先とすることも可能ですので、ぜひプロミスへの申し込みをご検討ください。

プロミス

imasia_10952071_XL

 

楽天銀行カードローン(スーパーローン)   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る